定時制高校の日々 ~保護者面談

夏休み前の保護者面談。
本人、保護者、担任の3人での面談です。
3人と書きましたが、フィリピンの生徒は、両親が揃って来てくださるところも多くて、それどころか弟や妹もやってきたりします。

フィリピンの人たちはほんとに家族愛が強くて、ファミリーが助け合うのは当たり前で、生徒たちも昼間に工場でアルバイトをして得たお金を家に入れ、小さい弟や妹のめんどうもよくみます。
それを当たり前のことと思っているようです。
きょうだいも多くて、どの家庭も4人はいるかな。去年赤ちゃんを産みました、というお母さんもふたりいらっしゃいました。
家族が多いことが幸せの証なのですね。

日本人の生徒でも、6人きょうだいの2番目という子がいます。その生徒の場合は、親の再婚からきょうだいが増えたようです。その生徒は、面談に保護者が来ることなく、生徒本人と担任の私との二者面談でした。おそらく、保護者に面談があることを告げていないと思います。迷ったけれど、その件で保護者に連絡することはしませんでした。
1学期は出席日数より欠席日数のほうが多かった生徒で、2学期もこのペースで欠席し続ければ、早い段階で単位を落とすことが決まります。数字を見せて説明しました。
本人は「めんどくさ」が口癖で、面談中だけでも9回口にしました。
「あーもーわかっとるから」「関係ないやん」「さっさと終わらせて」「はよ帰りたい」「前にも聞いたし」「めんどくさ」等々で私の話を聞いてない(聞かない、聞きたくない)アピールをしていました。でも、早く帰りたいと言っていたはずが、結局なんのかんのと40分くらい喋っていきました。
きょうだいが多くて家事負担も大きいことは、その生徒も外国籍生徒も同じです。いやむしろ、アルバイトをしている(そして家にお金を入れている)外国籍生徒のほうが負担は大きいでしょう。
家族に愛されている、そして家族を愛しているという実感があるかないかが、両者の違いなのだと思います。

定時制高校の日々 ~給付奨学金

やった~!!
給付型奨学金の支給が決まりました!

教育弘済会が高校2年生を対象に募集している奨学金です。
10万円がもらえてしまうのです。

各高校で2名まで申請ができて、県で40名がもらえます。
成績よりも生活困窮度が高い生徒に優先されるとは聞いていましたが、学校から推薦する以上、いい加減な選考はできません。
私は2年生の担任なので、プリントをつくってクラスの生徒にこの奨学金について周知しました。
弘済会からの募集案内がありますが、それでは特に外国籍の生徒には意味がわからないので、簡単な日本語に直します。


奨学金(Scholarship)のお知らせ

10万円が もらえます。

申し込みできるのは、つぎの 3つに あてはまる人 です。
●いっしょうけんめい 勉強する人
●家の お金が 少なくて、こまっている人
●学校を あまり 休まない人

申し込みたい人は、担任に 言ってください。
しめきり○月○日

漢字にはすべてふりがなをつけます。
そして、申し込んできたのが2人。
でも応募できるのは学校で2人までなので、全日制から何人申し出があるかによります。
全日から応募する生徒がいませんように~と、校内締切日まで祈ってました。
幸い?全日からの応募はなく、この2名に決定!
保護者の所得証明書を取り(この過程で応募者の1人と市役所に行ったのでした)、
本人たちが家族状況と申請理由を書き、担任の私が推薦書を書き、
そして給付決定通知が届いたのでした。しかも2人とも!やった~!!

届いた金曜は期末試験の追試と補講日で、当人たちは登校していないので、週明けに知らせます。
月曜日が楽しみです。
喜ぶだろうなぁ ^-^

定時制高校の日々 ~就職活動開始、のはず

7月1日は、企業の求人票が公開される日で、求人票を持って学校を訪問される企業さんもあります。
正面玄関にはずらりとスリッパが並んでいて、順番待ちの企業さんもいました。進路指導部は大忙し。
全日制はね。

定時制に推薦枠を用意している企業さんはまずありません。
生徒のほうも、工業科の全日制の生徒のように、就職に向けた動きに入るわけではないので、いつもと変わらない日々です。

それでも木曜日(1日)に一社、金曜日に二社が定時制に求人票を持ってきてくださいました。
全日制に来たついでに、という感じではありますが、ありがたいことです。

食品のトラック輸送会社
建設会社
引越し業者さんです。

どの会社も人手不足で、なかなか応募者を確保できないそうです。

引越し業者さんにはうちの定時制の卒業生が勤めていて、今はリーダー的立場で頑張っているのだとか。

その卒業生は、古くからみえる先生によると、結構やんちゃタイプだったとか。
今の定時制の生徒は、ほんとにおとなしい生徒が多いのです。

今年度のうちの卒業予定者で、現時点の就職希望者は2人。外国籍と日本籍がひとりずつ。
ふたりとも、相変わらずマイペースでやっています。緊張してるのは私だけだなぁ~

定時制高校の日々 ~コロナ感染者濃厚接触者

県内の高校で、生徒の家族にコロナ感染者が出たとか。
で、同居家族である生徒も濃厚接触者に認定されてPCR検査を受けるのだとか。
ふ~ん、という話なのだけれど、その生徒の友達数名も濃厚接触者で検査対象になったらしく、そしてその友達数名のひとりが、うちのクラスの生徒のきょうだいなのらしい。
え?それってうちの生徒になんか関係あるの??って思ったんだけど、
「同居家族がPCR検査の対象になった」ということで、自宅待機をしてもらわなければならないのだとか。

ええ~?そうなの?
来週から期末テストが始まるというのに…仕方あるまい。

しかしその生徒と連絡がとれない。
外国籍生徒なのだけれど、本人は電話を持っていなくて、連絡先として把握できているのは母親の携帯番号のみ。その番号にかけてみても「電波の届かないところにあるか~」のアナウンス。仕事中かな。
管理職から校内に入れないように言われて、昇降口前で待つことに。
きょうだいがPCR検査を受けるのは来週火曜日らしいので、少なくともそれまでは登校見合わせをお願いするしかないのね。

やってきたその生徒は、学校がそれを知っていることに少し驚いたようだけれど、おとなしく引き返していった。もともとおとなしい生徒なのだけれど、なんとなくその後ろ姿が寂しそうに見えてしまって、悲しくなってしまった。

これが先週。
そして今日火曜日。
陰性だったそうで登校してきました!
良かったね~。
ご家族みんな不安だったんだろうなと思う。特に外国のかたたちの方が、日本人の私たちよりコロナ差別に敏感なように思う。
自宅待機中、こちらから連絡しようにもお母さんの携帯はやっぱり繋がらないし、本人宛にGoogle classroomのメール機能を使ってメッセージを送っても返事ないし。
タブレットはあるから、classroomのメールは読めるって言ってたのになぁ~と思っていたところに登校してくれて、私も安心したよ。
元気に登校してくれて良かった。
今日のテストはできたかな?

定時制高校の日々 ~笹生優花選手

全米女子オープンゴルフで優勝した笹生優花選手。日本とフィリピンのハーフの選手なのですね。

なにしろこの若さで優勝ですから!
これはみんなに紹介しないと!と、外国籍の取り出しクラスで早速取り上げました。
うちの学校の外国籍生徒は、ひとりを除いて全員フィリピンの出身なのです。

彼女の優勝を報じるニュースを探して、
書き起こし。
ところどころ穴あきにして、各自にプリント配布。
その上でニュース映像を見せました。
とはいっても速報ニュースだったので、笹生選手の顔が映っているだけの静止画でしたが。

短いニュースで、時間にして15秒くらい。
一度ではもちろん聞き取れないので、何度も繰り返し聞かせます。

(女子ゴルフ)の海外メジャー全米女子オープンで、笹生優花(選手)が(優勝)しました。
海外メジャーでの(優勝)は、(日本女子選手)としては3人目の(快挙)です。

Yuka Sasou won the US Women's Open, an overseas major of woman's golf.
The victory in the overseas major is the third feat as a Japanese female player.

( )のところを空欄にして聞き取りをさせてみました。

英訳もつけてみました。合ってるのかな?

外国籍の生徒に聞き取りをさせると、
せんしゅ を せんしゅう としたり、
かいきょ を かいきょう としたり、
つい音を伸ばして書いてしまうことがよくある。そういうふうに聞こえるのかなぁ。
なかなか難しいです。

笹生選手はフィリピンを拠点にしているし、今大会もフィリピン代表として出場しているらしいし、生徒も親近感を持つのでは?と思ったのだけれど、そうでもなかったみたいです…。
どうもゴルフというスポーツ自体に興味がないみたいで、「なにそれ?」という感じでした。

フィリピンの生徒に圧倒的に人気のスポーツはバスケットボールですね。観るのもするのも大好きみたいで、体育の時間は、バスケットをすごくしたがるみたいです。

定時制高校の日々 ~自動車運転免許

18歳になると、すぐに運転免許を取りに行く生徒も少なくない。
先日も、4月生まれの生徒が無事に免許を取得した。
これは全日制の生徒でも同じだけれど、教習所に通いだして、「こんなに勉強したのは生まれて初めて」という生徒を何度も見てきたなぁ。

今の4年生にも教習所通いをしている生徒がいる。日本籍の男子生徒だ。
3年の終わり頃に通い始めた。
4年生ということは就職活動をする年であるわけで、どんな仕事は嫌か、どんな仕事ならできそうか、そろそろ具体的に考えてほしいところ。
その彼が、最近、もう免許は取らないと言い出したらしい。

担任の先生によると、今は教習所も行かなくなってしまっているそう。
教習所が嫌というより、車の運転自体をしたくないんだとか。だから仕事も、電車とバスで通えるところにすると言っているらしいのだ。

まいった。

ただ、私も教習所が嫌だったし、運転も怖くて、20年もペーパードライバーをしていたので気持ちはわかる。
嫌なものは嫌なんだよね。
世の中の車を運転している人は、こんなにもすごいことをしていたんだなぁと思ったものです。

しかしご両親からは、免許は必要だから教習所に行けと言われるらしく(その気持ちもわかる)、
それがまた嫌なのらしい。俺の金で行っとるんやで辞めるのも俺の自由、だとか。

教習所で嫌なことがあったのか、運転が怖いのか、本当の理由はわからないけれど、
どうも今は頑ならしいので放っておくしかなさそう。

ただ、製造業を勧めようと思っていた私にすると、車に乗れないというのはかなりのマイナス。
地方ではやっぱり車がないと不便だし、電車やバスで便利に通えるところに工場はない。
彼が心をひらいて、今抱えている不安を話してくれたらいいのだけれど。

どこかに所属していることは、彼や彼のご両親には安心だと思うので、彼に合う就職先を見つけられるように、私が頑張らなきゃなぁと思うのでした。

定時制高校の日々~日本史授業。またもNHK動画を使う

月曜は1限目が日本史の受業。

1限目は遅れてくる生徒もいて、今日は10分遅れと30分遅れがひとりずつ。

欠席は3人。

ちなみに全員出席しても15人です。

 

さて、今日はこの動画を使うことにしました。

 

www2.nhk.or.jp

 

授業前にプリントを用意します。

ナレーションをすべて書き出して、それに英訳をつけます。

私の乏しい英語力ではなかなか難しいので、Google翻訳さまの力を多分にお借りしました。

 

授業の冒頭で、

前回のいろ塗りプリントで列強の世界進出を理解させた(つもり)なので、もう一度教科書の地図を見ながらその説明をして、

今日は日本が初めて経験する近代戦争について勉強するよ~

と話してからこのプリントを配りました。

 

プリントを配ると、日本籍の生徒は教科書を見て問題を解こうとします。

昨年の日本籍生徒だけでの世界史の授業では、最初に配ったプリントの問題を各自教科書を見て解かせていたので。

でもごめん。今回は教科書を見てもわからないかも。


動画をスタートさせて、導入のナレーション部分を聞かせてみます。

でも…聞いてない感じ~💦

月曜日の1時間目だもんね~

まだぼーっとしてるよね~(と自分をなぐさめてみる)


「音を聴いてみてね~。はじめのカッコのところ、なんて言ってるかな~」

もう一度はじめから流します。

日本人生徒のひとりが「聞こえたけど漢字がわからん」と言います。

「日本人は漢字で書いてよ~」

と言って、ふたつめのカッコのところも繰り返しました。

ひとつめのカッコに入るのは「朝鮮半島

ふたつめは「不平等条約の改正」です。

外国籍生徒の聞き取りのトレーニングを兼ねているつもりでしたが、まさかの日本人生徒も聞き取れないという…

不平等条約」は聞こえたようだけど、「かいせい」が無理。

「たいせい」って聞こえたみたいね。

NHKアナウンサーのナレーションでも難しいかぁ。


「こう言ってるんだよ~」

と言って、

ふびょうどうじょうやくのかいせい

と板書。

日本人生徒を指名して、前に出て漢字に直してもらいました。「改正」は間違えちゃったけど。


そんな感じで、10分の動画の1分45秒のところで本日は終わり。

本日板書したのは、

朝鮮半島

不平等条約の改正

1894年

甲午農民戦争

日清戦争

下関条約

伊藤博文

陸奥宗光


それぞれについて説明します。

画像を使って、できるだけ簡単な日本語で解説したけれど、どこまで通じているのかは自信がない。日本籍生徒の反応もほとんどないしな~。


1894年という年号を覚えさせる必要はあるのか、については考えるところだけど、

この1894年は覚えさせたいと思う。

この年号を知っていれば、ちょうどその10年後に日露戦争、そのまたちょうど10年後に第一次世界大戦と、大きな戦争が起きた年がわかるから。

私の十八番、

「いっぱい食うよ 日清焼そば!」

年号暗記を披露したけど、こういう覚えかたって外国籍生徒には通じないよね💦